忘れがちなアイテム


プレーを始めようとしたら「しまった! 忘れた」と
なりがちなアイテムを書いてみます。

1)レインウェアー(雨かっぱ)

   山の天気は変わりやすいのです。
   出がけに晴れているかといっても安心できません。
   ぜひ、用意していきましょう。

   なお、レインウェアーについての詳細は
   こちらをご覧ください。


2)帽子

   スコアメイクにも大いに影響するアイテムです。
   直射日光にさらされるのはよくありません。
   また、まぶしくて前方が良く見えないこともあります。


3)ティー

   さて、朝一番のティーショットを打とうとすると・・・あれ?
   こんなことにならないように。


4)傘(ゴルフパラソル)

   レインウェアーの項でも書きましたが、とにかくゴルフ場の
   天候は変わりやすいので、これも必需品ですね。
   かんかん照りの時は「日よけ」にも利用できますからね。


5)マーカー

   自分の打球がグリーンにオンした後に、
   他のプレーヤーのボールと当たらないように、
   マーカーで、ボールの位置を記します。
   万一の場合はコインでも代用できます。
   が、やはり用意しておきましょう。    


外反母趾を整える

プレーに関するマナー


@プレーの開始時間に遅刻しない

  開始時間には遅れないようにしましょう。
  ゴルフ場によっては、後の組がつまっている場合もあり
  ます。

  スタート時間の10分前にはティインググラウンド脇に
  集まれるように。


Aキャディさんへの挨拶
  
  キャディさんに気持ちを込めて最初に挨拶しておき
  ましょう。
  ラウンドをまわる時には、唯一の味方をしてくださる方
  ですから。

  あいさつひとつで、プレーが気持ちよく進むものです。
  間違っても、横柄な態度をとったり、キャディさんを
  無視などすることのないように。
  お互い、みんな感情をもった1個の人格なのですから。


Bディボットの処理

  ショットの後にディボットが出るのは仕方がないこと
  ですが、プレーヤーは後始末をする習慣を
  身に付けましょう。

  むしろこれは、プレーの一つと考えるべきでしょう。
  自分のあとにプレーする人に迷惑がかからないようにする
  のはゴルフ場でのマナーであり、義務です。

  芝生は大切にしましょう。

  ディボット跡には、できれば目土砂を入れるのがよいです。
  目土砂はホールごとやティインググラウンドの近くに
  あります。

  あるいは、キャディカートの目土袋の砂を借りて
  自分でこまめに目土するのもいいでしょう。

  できれば、目土袋を自分で持ってコースに出ることも
  考えましょう。

   *ディボットは、「クラブで削り取った芝の塊」のこと。
    よく、削り取ってできた後のはげた部分のことを
    ディボットと言う人がいますが、これは間違い。
    「ディボット痕(あと)」といいましょう。

    「ターフ(芝の面)を削って飛んだディボットは、
    ディボット痕に戻して、目土をかけて軽く踏むことに
    よって、芝の状態が早く元通りになります。
    これはプレーヤーのマナーです。


Cバンカーに入った場合

  バンカーに入ったら、戻るときは入ったところから
  戻りましょう。
  そして、足跡はきれいにならして残さないように
  しましょう。

   *バンカーとは、ゴルフ場における、砂が入った
    大きなくぼみ

外反母趾を整える

服装のマナー


ゴルフをする際には、他人に不快感を与えないような服装を
したいものです。

マナー違反の服装は、他人に迷惑をかけるだけにとどまらず、
各ゴルフ場の定める「服装規定(ドレス・コード)」に
違反することにもなります。

こんな場合には、服装を正さないとプレーできません。

これがゴルフをして「マナーのスポーツ」と言わしめる
ゆえんです。


では、服装についてどんな注意をすればいいでしょうか?

 ・ エリがついたシャツを着用すること。
   ポロシャツであればいいでしょぷ。
   また、ゴルフショップで、ゴルフウェアとして売られて
   いるものであればOKです。

 ・ シャツをパンツの中にしまうのが規則です。

 ・ ジーンズは禁物。女性はスカートをやめ、キュロットに。

 ・ ハーフパンツの場合には、ハイソックスをはきましょう。

防寒対策を万全に

 寒い季節には、しっかりとした防寒対策を。
 寒いとプレーにも集中できなくなり、身体が硬くなって
 スイングもうまくできません。

 肌着に注意を配ったり、上着を用意するなどして
 温度調節をして下さい。


外反母趾を整える

レインウェア


ゴルフ場の天気は変わりやすいものです。
でも、突然の雨への備えがあれば安心ですね。

ゴルフは、雨の中でも楽しめるスポーツなのです。
そこで必要になるのが、レインウェア。


とは言え、雨天でもレインウェアを着ない方や、
下半身だけレインウェアを履いてプレーする方もいます。

なぜかと言うと、レインウェアを着ることによって
スイングがしにくくなるからです。

こんな場合を予測して着替えのウェアを2〜2着
用意しておくと安心ですね。


レインウェアの価格帯もさまざまですが、選ぶ基準は
「スイングがうまくできるかどうか」です。

また、少々、値が張りますが、「ガサガサ」音が
気になってプレーに専念できない向きには、この雑音を
抑えた静音設計になっているものがお勧めです。


また、乗用カートには傘がついているものです。
しかし、手引きカートには傘の備えがないので、
その場合にはあらかじめ用意しておきましょう。

この際にも、、UVカット機能つきのものがいいですね。


こういった配慮が、雨の日のゴルフを何倍も楽しくして
くれることでしょう。


外反母趾を整える

グローブ、シューズ、グラス


グローブ
これは、サイズを確かめてから購入しましょう。
手にピタッと合うのを根気よくさがすことが大切。

と言うのも、グローブはクラブのグリップと手の接点になる
重要なアイテムだからです。
ゆるいとグリップが握りにくいですよ。

種類は、両手用と片手用とがあります。
片手を選ぶ場合は、
右利きの方は左手用、左利きの方は右手用にします。



ゴルフシューズ

ゴルフ場に入る場合の必需品です。
ゴルフシューズについているスパイクは、
メタルスパイクとソフトスパイクとがあります。

1足だけ持つのならば、ソフトをお勧めします。
これだと、どこのゴルフ場でも通用するからです。

選び方としては、
  ・軽いもの
  ・防水加工がしてある
         がいいですね。


サングラス

逆光のなかでショットしなければいけない場合もありますが、
サングラスをかけていれば、まぶしさが抑えられて
安心してショットに集中することができます。

UVカット機能の付いたものや、
偏光サングラスなどもあります。


外反母趾を整える

世界最新ゴルフ上達プログラム


もしあなたが、
「ボールが曲がってしまう」
「飛距離が伸びない」と悩んでいるのであれば





これからまっすぐ飛ばせて、
しかも飛距離が出る左一軸スイングを

オージー・ゴルフ・ジャパンLLP・小池幸二が

お教えします。


外反母趾を整える


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。