加圧トレーニングで筋肉を育てよう


四肢の根元などに、加圧ベルトを巻くと、
の流れを少なくすることができるのです。

この状態で軽い筋肉トレーニングをすると、
筋肉には負荷が大きいトレーニングと同じような刺激が
加わるのです。


なんだか手品みたいですよね。

血流を調整するだけで、筋肉が大きな負担を強いられていると
勘違いするのですから。


このように加圧トレーニングは、
軽いウエイトでの運動ですから、関節などに負担がかからず、
したがって越しや膝を痛める心配もありません。

にもかかわらず筋肉には大きな効果が見られ、
関節にも優しい運動となるワケです。

では、加圧トレーニングをすれば、
筋肉にはどのような効果があるのでしょうか?


血液の流れが制限されたまま運動すると、疲労物質と呼ばれている
「乳酸」が筋肉に蓄積されます。


そして、トレーニングが終わってベルト外すと、
普通の血流に戻るのですが、
この時、なんと普段より
290倍の成長ホルモンが体内で分泌されることが分かったのです。


成長ホルモンは、自然と出ているもので、
体が成長するために分泌されるホルモンです。


これは20歳を過ぎると、だんだん分泌量が減ります。

が、この加圧トレーニングをやれば、一時的ではあるものの、
成長ホルモンが多く分泌されるという効果があるのです。


この成長ホルモンが筋肉大きくしてくれるのです。

そして筋肉を育てる効果が得られるのです。


メンズTBCの青ヒゲ脱毛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。