ピラティスを考案した人


ピラティスを考案したピラティス氏。

ピラティス氏は、14才のとき、自らの体が解剖図のモデルになるほど、
完璧な体をしていたようです。

運動を実践するだけでなく、健康になるため、
体を作るための理論も勉強して行ったそうです。

職業は、ボクサーをやっていたり、パフォーマーをやっていたりしたそうです。

そして、戦時中は、強制収容所に。

ですが、彼はその収容所のなかでも、周囲の人に、
エクササイズを教えていたと言われています。

そして、その後、マン島と言うところで看護士として働いていました。

このころ、負傷した人に対して、リハビリを行っていたのですが、
それのために考えだされたものがピラティスの元となっています。


外反母趾を整える